2019年6月19日水曜日

お盆のほおずきの代わりの行灯です。 6.19





河津さんの
お盆のほおずきの代わりにと、お供えする
「ほおずきのランプ」です。

ご依頼で、みどりさんがデザインしたようです。

和風の落ち着いたランプ、
情緒があって、シンプル、

四季の中でステンドグラスが片隅に、
そんな心の余裕が持てる、

そんな世界観がいいですね。







2019年6月18日火曜日

秘密の制作行程です。 6.18



今朝、朝食が終わって事務所でブログを始めましたが、
・・・まだ、朝刊が来ません。

ブログ中に来ればいいのですが、
リズムが崩れそうな、一日です・・・どうしたんだろう?

今回は、先週制作した、
鈴虫の制作行程の一部を公開します。

下の写真は、今までの経験から見つけ出した
私のオリジナルの作り方です、

まず胴体を木で作って身体を掘り出し、
コパーシートで包んで、真鍮で切った足をつけて、
全体をハンダで覆って銀色になった状態です。

かなり頑丈な作りに仕上がります、

これにステンドグラスで作った羽根を付けて、
パテーナで着色して完成まで持って行きます。

色々な作り方があると思いますが、
色々作ってみると、
だんだん洗礼されて、引き出しが多くなります、

独自の作り方がある方が、面白いですね。




ハンダで薄くコーチィング、
今のところこれが一番いい方法だと思います。


コーチィング前の木と、真鍮の足とヒゲです。


パテーナで着色すると、
アイアンで作ってあるような面白い質感が出ます、

ところで、まだ新聞が来ません、

どうしちゃったの、ベービー!





2019年6月17日月曜日

四角と三角を追求してみました。 6.17





静かな予定の無い日曜日、
朝から、四角と三角を追求してみました。

午前中に型を作って、カットとテープ巻きを終えて、
お宝鑑定団を見ながら、
お昼に一人でみどりさんの作り置いてくれた、
スパゲティをつまみに、ビールと酎ハイを飲んで、
お昼寝して、
2時頃から組み立てだしました、

この、ほろ酔い気分で作業するのが大好きで、
脳みそと、身体や手が柔らかく動くような気がしますが、
たぶん気のせいだけと思われます、

5個完成させて、クロンの散歩、
4時頃から、ジムでお酒を抜いて、

夜にまた飲んで、正しい日曜日は終わったのであった、

さよなら、三角、また来て四角。



結局、型を作るのが近道かと思い、
厚紙で、大中小3っつの型を作りました。
この作業を手早く正確にやるのが、
後の作業に繋がりますね。


最初に、型の上に乗せて、底辺の三角を点付けします。
最初が一番肝心です
この指の使い方! キレイ。

次に一回り大きく切った底のガラスを付け、
形を安定させます。

ひっくり返して、この形にします。


それから横に寝かせて、真ん中の四角をはめ込んで
2段目を完成させます。

いつも思いますが、生徒さんを見ていると
この左手のパースの持ち方が難しそうです、
大体力が入りすぎてます、
軽くこれが持てるようになると、
好きな所に納めることが出来ると思いますが、
そこが難しそうですね。

2段目完成。


最後に上辺の三角を付けます、
このガラスは、約4ミリくらいある厚いダイクロガラスです、
キレイだけど、ちょっと難しいという所です。


上に現れる四角がキレイな正方形になれば、
うまく出来たということですね。


LEDのろうそくランプを中に入れて、
ゆったりした癒しの灯りがともりました。


日曜日のお遊び、完成。







2019年6月16日日曜日

正方形4・正三角形8・単純な形の中に美しさが。 6.16





正方形4枚、正三角形8枚、底に正方形1枚、
単純な中に、美しさがあります。

私は適当に作りましたが、

生徒さんに作ってもらう場合
どう作れば歪まずに作れるか?
どこから組み立てだせば正解かな?
どうすれば簡単に作れるかな?
型を作ってあげれば、簡単に作れるかな?

などと考えながら、

単純な物に美しさが潜んでいるような気がしますね、

シンプルイズ・ベスト

形としての安定感があります。

今日は天気が回復しましたが、風がすご〜く強く、
本当は釣りに行きたかったのですが、
全然無理そうなので、

この形をもう少し、追求してみます。

では、いい日曜日を。







2019年6月15日土曜日

天才は、生まれながらにして天才なのです。 6.15




自画像の移り変わり、
最初の絵なんか、紙風船かぶっているんです、
この、挑戦的な感じがいいな。

昨日、岡崎の講習の前に
岡崎で生まれた、村山槐多さんの展示会を観て来ました

22歳で亡くなった割には、スゴイ数の作品です、
若いエネルギーって、
危ない美しさがあります。

・・・生きた年数じゃないよね、
・・・長く生きりゃ、良いって物じゃないよね、
・・・天才って、突然変異のようにこうして生まれて、
そして、生まれながらにして天才なんだ、

そう気づかされた、

一言、火の玉「槐多さん」
・・・こうしてあなたの絵はまだ元気に生きています。

さあ、また頑張りましょうか。







2019年6月14日金曜日

今日は岡崎の講習の前に、「村山槐多」さんです。 6.14





今日は、岡崎の午後の講習 その前に、
岡崎子ども美術館で開催中の岡崎で生まれた、
夭折の画家「村山槐多」さんの展示会を見て来ます、

子ども美術館で開催には、ちょっと疑問もありますが、
前から気になっていた画家、このおしっこをする絵が衝撃です、

若いパワーとエネルギーを感じてこようと思います。

その前に、
我が家の、若〜いエネルギーです。

「朱夏ちゃんで〜す」

10ヶ月、大きくなりましたね

昨日、みどりさんに私のスマホにだいぶ前の
朱夏ちゃんの写真しかないから送って、と
送ってもらった写真です、

子どもはどんどん変わりますね。



が、ハ、ハ、は、は。
肌が、ツヤツヤですね。


やっぱり、娘に似ています。





2019年6月13日木曜日

♬ あれ鈴虫が鳴いている ♪ リンリン、リンリン。 6.13




鳴いているオスの鈴虫

鈴虫のステンドグラスオブジェ完成。

鈴虫はオスの羽根の印象が強く、身体が小さいので、
顔の部分、目がどうゆうふうに付いているとか、
見たことが無いので、
顔の表現が難しかったです、

全体としての、鈴虫ということにしておきます、

ま〜こんな物を良く作った!

っという作品です。




羽根の雰囲気は、うまくいきました。








これが、今回のおススメアングル。